2021年08月07日

「座敷童の夏」挿絵(お仕事報告)

JAグループの子ども雑誌、「ちゃぐりん」7月号(家の光協会発行)のショートストーリー、
「座敷童の夏」(作/那須正幹)で挿絵を担当しました。

田舎のおばあちゃんの家で夏休みを過ごす、姉弟ふたりのお話です。背景になる豊かな自然と、江戸時代から続くというおばあちゃんの家の雰囲気が伝わるよう、制作しました。

zasiki-1.jpg


zasiki-3.jpg

座敷童、、、会ってみたいような、怖いような・・。
posted by かこみかん at 22:38| お仕事

「レクリエ」7・8月号特集ページ(お仕事報告)

介護の現場で役立つ情報誌、「レクリエ」7・8月号(世界文化社)で、特集ページ
「利用者と介護者の命を守るための水害対策」でイラストを担当しました。
人物が複数で構成される状況説明のイラストも多いため、イラストのラインを整理したタッチを目指してみました。

req-1.jpg


req-2.jpg

req-3.jpg


ここ何日かでまた台風のニュースが出ています。
どうか、災害が起こりませんように、と祈っています。
続きを読む
posted by かこみかん at 22:10| お仕事

「季節を映す和菓子」「和菓子の歴史」(お仕事報告)

以前にもご依頼いただいた、「東京和菓子協会」さんのパンフレット、和菓子のイラストを担当しました。

(AD:高井 洋介氏[クォーターバック])



今回は、「季節を映す和菓子」「和菓子の歴史」の2点です。

本文から少し、紹介させていただきます。

wagasi-2021-1.jpg

wa-2021-3.jpg


wa-2021-4.jpg

wa-2021-5.jpg


お菓子を描くお仕事はいつも楽しいのですが、しまった、、と思うのは、イラスト資料を探したり、眺めたりしていると、描くのを忘れて資料に見入ってしまい、「おいしそうだなぁ・・」と、ついつい食べるシーンを妄想してしまうこと。うっかり長い時間がたっております;;
posted by かこみかん at 20:10| お仕事

みんなの安全(お仕事報告)

少し前のものですが、最近のお仕事からいくつかご紹介していきます。

小学校の学年別安全教育用副読本、
「みんなの安全(3年、4年)」
(学研教育みらい発行)
で本文イラストを担当しました。

自分はもちろん、まわりの人たちの「命」を守るためにどんなことが必要か、イラストや図を多用して、わかりやすく学べる内容になっています。

”スマホやインターネットで気をつけること”という項目があるのが、自分の子供の頃と違うなぁ、などと、今の子供の大変さを思いました。

anzen-1.jpg

anzen-2.jpg

posted by かこみかん at 19:55| お仕事

2021年08月03日

プロジェクト「育てる本」はこんなふう

現時点の育てる本、こんな感じに育っていました。


sodatuhon-1.jpg


この画像は、展示準備中にギャラリーのウインドウに試しにディスプレイしたもの。

光が明るく差し込んで、ウインドウの外からも目を惹きそうです。

A4に何か創作して、長辺を2つ折りにしてどんどん繋いでいこうというこのプロジェクト、

みなさまも参加しませんか? 

8/12まで、ギャラリー砂翁さん

103-0023 東京都中央区日本橋本町1-3-1 渡辺ビル 1F)まで、

どうぞお送り下さい! お待ちしております。


もっと詳しく知りたい方はこちらまで!^^)




posted by かこみかん at 15:59| お知らせ

2021年07月21日

「育てる本」プロジェクト

ひとつ前の記事でお知らせした展示の中でのプロジェクト、
展示参加者以外の方からも<A4>で表現した紙を募集し、
最終的に、展示参加メンバーの折本と繋いで、
一冊の作品にしようという企画です。
進行中の作品の画像(インスタグラム)と詳細を
こちらでご覧になれます。
ご参加お待ちしております。

↓こちらは、つい最近わたしがつないだ折本の、
もとのA4(ちょっと横が短いですが)の作品です。

07-18-2.jpg
posted by かこみかん at 16:04| お知らせ

『絵や彫刻のように「本」を楽しむこと、イメージや思考を象るように。ブックアート研究所』展

ba-dm.jpg

長いタイトルですが・・
8月3日から日本橋のギャラリー砂翁さんにて、
『絵や彫刻のように「本」を楽しむこと、
イメージや思考を象るように。ブックアート研究所』展
に参加いたします。

展示用のサイトで簡単にお知らせしておりますが、
この展示では、外部から一人A4の紙で自由に表現したものを
ギャラリーにお送りいただき、期間中後半に、
展示参加者の作品とつないで1冊の折本にする
「育てる本」プロジェクトが進行中です。参加してみませんか?

一部まだプレ段階ですが、展示と、プロジェクトについての
詳細が、こちらからご覧になれます。
https://ada-library.com/bookart_labo/top/

期間が長いので、展示について随時また記事をアップしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by かこみかん at 15:44| お知らせ

2021年06月16日

デイビッド・バーンと踊りたい

americ.jpg

だいま絶賛公開中、映画「アメリカン・ユートピア」。
とにかく、この予告動画を見てくださいませ!

このコロナのもと、どなたもすぐ行ける、
というわけでは無いと思うのですが;;
もし可能なら!!

とっても素敵な映画です。何度でも見たくなる。
改めて、ライブ空間の熱狂、
幸福感をかみしめた作品でした。

遠くない日に、こんなふうに思い切り拍手したり
歌ったり、踊ったり、隣の人とおしゃべりしたり、が
できる日が戻りますように。
posted by かこみかん at 19:40| 日記

2021年05月07日

春の景色

2021-haru.jpg

春、といってももう5月、
日中の高い気温からすると
気分的には初夏、という感じもあるでしょうか。
雑木林の緑の葉も
もりもりと茂ってきて、色も濃くなってきたようです。

そんな林も、ちょっと前は裸の木に
新芽が現れてきて、大きな葉を広げる前の、
その時期ならではの特有な色、形をしていて
ずいぶん目を惹かれたものでした。

「雑草」とまとめて呼んでしまう草たちの姿も
まだ勢いが夏に比べるとそれほどでもないせいか
可愛らしく思え、それぞれの
小さな花の形、葉の作り、など
しげしげと眺めてしまいます。
毎日、変化していく姿の楽しいこと。

こんなに目を楽しませてくれる季節だったとは。
昔は、もやもやとした暖かさが苦手だった
春の季節ですが、今頃になって
ありがたさを感じるようになりました。
posted by かこみかん at 22:12| 日記

2021年04月30日

「子どもの精神分析的セラピストになること」装画担当しました

「子どもの精神分析的セラピストになること」
(金剛出版)

木部 則雄 監修
平井 正三 監修
吉沢 伸一 編著
松本 拓真 編著
小笠原 貴史 編著

装幀は臼井新太郎さんです。

kodomo-1.jpg

kodomo-2.jpg

この本の序章に、
”・・子どもの臨床に関わるセラピストがいかにして精神分析的セラピストになっていくのか、その実践と訓練をめぐる情動経験についてのパーソナルな語らいや対話が収められています”と、あります。

続きを読む
posted by かこみかん at 17:13| お仕事