2016年12月24日

もこもこハウス

今日はクリスマスイブ、、、
といっても特になにもしていない我が家。
ケーキは昨日食べてしまい、
「2日続けて食べるのは、身体によくないでしょ」という
家人の一言のもとに今日はケーキも無く。

別にいいんだけど・・と、つぶやきつつ、
先日暖かい日がつづいたぶん、冷えて飾り気のない
(しかも片付いていない;;)部屋がちょっと寂しいような
気になって。
見た目に何か暖かいものが欲しくなり、
ずいぶん前に羊毛フェルトで遊んでみた試作品を
思い出したのでした。

続きはこちら
posted by かこみかん at 18:55| 日記

2016年12月18日

かるな2016冬号コラム挿絵

今回は、今までご紹介して来た「かるな」、冬号の挿絵を。
タイトルは『親孝行プレイ』です。
すごい発明です、『親孝行』と『プレイ』くっつけるって;;;
イラストは、小鳥の親子のイメージで制作してみました。

次号、春号のイラストも制作しておりますが、
それはまた、来年あたたかくなってからご紹介しますね。

karuna-wbl.jpg
posted by かこみかん at 15:18| お仕事

2016年10月12日

秋晴れですね

ひさびさのぴかぴかした秋晴れ。
(こちら北関東ですが〜)
みなさまのところはいかがでしたでしょうか。

願わくば、災害を呼ぶ台風が来ませんように・・。

ameagari-bl.jpg
posted by かこみかん at 22:26| 日記

2016年09月27日

かるな 2016夏号 コラム欄挿絵

前回は秋の号の紹介でしたが、
今回は戻って夏の号の挿絵を。

コラムは「空あり」というタイトル。
駐車場などの看板でよく見る『空あり(あきあり)』の文字。
それを(くうあり)と読んで、そこから般若心経の
『空(くう)』へと繋がる思考から始まります。
ふだん見かけるシンプルな言葉から、深いところを
考察するコラム。

実体がある?無い? 
抽象的な思考を、なんとか形にしたいなぁ、と
こんな挿絵になりました。

karunanatubl.jpg
posted by かこみかん at 17:57| お仕事

2016年09月26日

かるな 2016年秋号 コラム挿絵

長雨が続いて、スカッと爽やか!・・なお天気には
なかなかなっていませんが
(今日あたりはところどころ晴れたり?)一応、秋ですよね。
(そういえば、もう栗ご飯を食べたのでした、おいしかった!)

季刊誌のお仕事で、コラム欄の挿絵を今年の夏号から
担当させていただいております。

「かるな 2016年秋号 92」浄土宗出版 編
・・詳細はこちら

今発売中の、秋号の挿絵をアップします。
(みうらじゅんさんコラム 『オール・シングス・マスト・パス』)

karunaakibl.jpg

夏号の分は、紹介し損なってしまったのでまた次回に。

次回の満月は10月16日とか。
今度こそ、晴れた空にまんまるお月さま、お会いしたいです。
posted by かこみかん at 12:39| お仕事

2016年09月20日

残暑も過ぎて・・・

16natubl.jpg

7月の展示が終わったあと、いらして下さった皆様に
お礼かたがた暑中お見舞いを・・と、思って作った葉書。
なかなか書けず、長々かかって
最近やっとお出しすることが出来ました。

しかし、印刷した文面は夏のご挨拶、すっかり季節と
ずれてしまい、面目ないことです。
それにしてもこう長雨が続くと、あの暑い夏も懐かしい。

台風が次々と生まれて不安定なお天気、
晴れ晴れとした青空が待ち遠しいこの頃です。
posted by かこみかん at 12:37| 日記

2016年09月19日

比叡山延暦寺のお経とおはなし

明日、9/20発売のCDブックで
表紙装画と、挿絵を担当しました。

hiei1.JPG

「CDブック 聞くだけでこころ安らぐ比叡山延暦寺のお経とおはなし」
朝日新聞出版 編著

仏教の世界に興味を持つ人のための、
法話とお経を収録したCDが付いた一冊です。
本では、CDで語っている比叡山延暦寺長臈の
小林隆彰氏のお話、お坊さんが案内する延暦寺ガイド、
読経部分の経文などで構成されているのですが、
延暦寺を開いた最澄の物語の章もあり、こちらで
挿絵が使われています。
*一部、サイトで立ち読みが出来ます。↓

hiei2.jpg

小林氏のお話は、ふだん仏教との縁が薄いわたしでも、
親しみやすく、わかりやすく伝わって来る語り口調で、
思わず聞き入り、文字でも読み返してしまいます。

見かけたら、どうぞ手に取ってみてくださいませ。
posted by かこみかん at 22:26| お仕事

2016年08月06日

「ポエトリー展」平岡淳子さんとの往復書簡の作品−5

ポエトリー展、4番めの絵を平岡さんにお送りして、いただいた
5つめ/最後の詩がこちら。


   よかったね

寒くないって
あなたがなんども訊く

気持ちよい風
きょうのことを話すと

よかったねと
あなたの方がよろこぶ

さぁそろそろ
わたしお風呂に行くわ


5.jpg

こんな絵が出来ました。
続きはこちら
posted by かこみかん at 15:00| お知らせ

2016年08月05日

「ポエトリー展」平岡淳子さんとの往復書簡の作品−4

さて、前回の絵を平岡さんにお送りして、次にいただいた
4つめの詩がこちら。


   飛行機

遠くをみつめている
むこうの方が羽田だと

低空を飛ぶ飛行機を
指さして教えてくれる

夜のベランダに出て
涼しい風を受けながら

またどこか行こうね
あなたの肩越しに云う


4hikouki.jpg


今度は、こんな絵が出来ました。

次回は5番目、最後の作品です。
posted by かこみかん at 16:20| お知らせ

2016年08月04日

「ポエトリー展」 平岡淳子さんとの往復書簡の作品−3

前回の、2番めの絵をお送りしてからいただいた、
平岡さんの3番めの詩がこちら。


   待ち合わせ

前ばかり気にして
待っているとあなたは

後からあらわれる
びっくりするじゃない

日々のおくりもの
こんどはわたしからね


3machiawase.jpg

今回人を描いていて、
この人はどんな性格なんだろう、何が好きなのかな、
部屋に行ったらどんなものが置いてあるんだろう・・
などと、自然と想像したくなることに気付きました。

今まで、作品で人を描いても、風景の構成要素の
一部で、あまりそんなことは考えたことが無かったのですが。

さて、次回はどんな絵になっているでしょうか。

posted by かこみかん at 11:02| お知らせ