2013年09月03日

「形容詞を描く 1」続き

9/1に作品の搬入を終え、
無事に初日も迎える事が出来た「形容詞を描く 1」。
さっそく、企画のマルプデザインさんが、
作品の本1冊ずつを、肖像のように美しく
撮影してくださいました。
とりあえず、自作の画像だけこちらに。

DSC_0147.jpg

今回作ってみて、本というのは
平面じゃなくて手に取る立体、オブジェなのだなぁ、と
再認識しました。

みなさまも、お時間ございましたらぜひ!
会場で手に取って、楽しんで下さいね。

posted by かこみかん at 23:43| 日記

2013年09月02日

企画展示のお知らせ

なかなか涼しくなりませんね。
今回は、暑さをおしても出かけたくなる、
展示のお知らせです。

寺子屋マルプ 「形容詞を描く 1」

kyo0.jpg

2013年09月03日(火)〜 2013年09月08日(日)

12:00〜19:00 (最終日17:00まで)
gallery DAZZLE
〒107-0061 東京都港区北青山2-12-20 #101
tel & fax 03-3746-4670
ギャラリー情報などこちら詳しくはこちら

詳しくはこちら
posted by かこみかん at 20:30| 日記

2013年07月30日

ひぐらし

この夏は暑いのに加えて湿度も高い。
苦手な季節だな・・と思いつつ、
夏ならでは、の楽しみの一つに数えているのが、
ヒグラシの声。

前に住んでいたところでは
聞く事が無かったので、とてもうれしい。

そして、夕暮れだけではなく
明け方の薄暗い時に鳴く、というのも
初めて知った。

今年の、ぶり返した梅雨のような天気の日に
空が暗くなれば昼間でも声が聞こえていたから、
あたりの明るさによって鳴く、という習性なのかしら・・。

むかし、子どもの頃住んでいたところでは
夏の暮れ方に遠くから1匹だけの「カナカナ・・」が響いていた。
夕焼けからやがて夜に向かう
ちょっとさみしいような、懐かしいような時間の
風景と一緒になっていて、
大人になってからヒグラシの声は、
ある特別な情感を持って思い出されるものの
一つだった。

頻繁にヒグラシの声が聞けるようになった今、
子どもの頃の思い出とはまた違った
印象も持ちつつあるけれど、
それでもこの響きは、だれかが遠い山で
見た事も無い楽器を奏でているのでは・・
と夢想するような、不思議な気分にさせられる。

higurasi13.jpg






posted by かこみかん at 19:40| 日記

2013年07月15日

あの花は・・

oo-kinkei.jpg


ひと月前ほどに引っ越した。
田畑が多く、それを囲むようにある
雑木林の緑が気持ちよいところ。

でも越してきた当初、
初夏の緑よりも沿道にひしめいて咲く
黄色い花の群れに圧倒された。

一瞬キバナコスモスかと思ったけれど
もっと濃い黄色で花の中心が明るいオレンジ色。
花びらの縁は適度にギザギザで全体的に華やかだ。

これは植えられたものなのだろうか?
それとも、自然に増えたもの?
・・にしても、数が多い。

ある日、立ち寄った公民館の掲示板に
その花の拡大写真を見つけた。
名前はオオキンケイギク。

この花を見かけても、
きれいだからといって持ちかえったり、
家で育てたりしてはいけませんよ、と
注意するポスターだった。

日本の生態系に害を及ぼすとして、
栽培・譲渡・販売・輸出入などが
原則禁止されている、とのこと。
『特定外来生物』という、
ものものしい名称で紹介されていた。
ある時期、緑化や鑑賞目的で輸入され
栽培されたものの、繁殖力が強過ぎて
やっかいものになってしまったらしい。

わたしは引っ越してくるまで
知らなかったけれど、
今や日本全国いろいろなところで
群生していて、注意喚起されている様子。

そうか・・そうなのか。
確かに、あんなふうに土地を占拠されたら
他の植物はかなわないだろうな。
でも
外国の、荒れた土地では強い繁殖力が
生きる上で必要な武器だったのだろうし。
オオキンケイギクは、そのまま
生えてるだけなのだろうしなぁ・・

来年、もしも
(そんなことにはならないだろうけど)
特定外来生物だから、ということで
ばっさりすべて刈り取られてしまったら、
ずいぶんさみしい気がするだろうな、
と思った。

posted by かこみかん at 15:47| 日記

2013年07月11日

お暑うございます

毎日暑いですね。
・・と口に出しても
暑さが和らぐわけではないのですが。

少し前に、お仕事で描いた
初夏のイメージのイラストです。

13atsi.jpg

この時は、確かにこんなに暑くなかったなぁ・・
などと、涼しかった記憶を呼び覚ましています。

毎年、夏の最中は
本当に秋や冬がやってくるのだろうか・・
と、疑いたくなるのですが
ちゃんとやってくるのですよね。
出来れば,去年より早足で来て欲しい・・

どうぞご自愛くださいませ。

posted by かこみかん at 12:23| 日記

2013年07月10日

風の強い日

バスの窓から外を眺めていた。
風の強い日。
道ばたの雑草が目に入る。

一本が、すっくと立ちながら、
茎に付いた葉だけが飛ばされそうに揺れている。
少し間を置いた横位置に、こちらは
這いつくばるように茎と葉を伸ばした一株が。

どちらも強い風を受けながら、
そのやり過ごし方は正反対だ。

立ち上がった草は、茎と同じぐらいか、
それ以上の長さの根を地中に張って
地上でも踏ん張れるようにしたのだろうか。

地面に茎を這わせた草は、
強風でも煩わされないよう、
余計な力を使わなくていいように、
上へ伸びるやり方は選択せず、
葉を横に延ばすやり方を選んだのだろうか。

どちらがより良い、というのではなく
そういうやり方、ということ。
どちらも、土ぼこりにすすけながら、
そこでしっかり生きている感じがした。

zassou.jpg
posted by かこみかん at 00:41| 日記

2013年07月07日

ボグダン絵画展とスライド上映会のお知らせ

以前、ご紹介したことのある、素敵な絵を描いていたボグダン。
(こちらの記事で↓)
http://kakomikan.sblo.jp/article/62967500.html

入谷のライブハウス<なってるはうす>で、
ボグダンの絵画展が開かれる事になりました。

ボグダン・ザヴァツキ絵画展「クラクフから耳国へ」
7月7日(日)〜7月28日(日)

bog-chirasi.jpg

追悼のスライド上映会や、ゆかりのあるミュージシャンの方々の
ライブも予定されています。

ご興味を持たれた方は、
ぜひこちらのサイトをご覧になってくださいませ。

http://bogdanpost.exblog.jp/19396181/
posted by かこみかん at 19:20| 日記

個展「木もれ日のように」画像アップしました

ずいぶん遅くなってしまいましたが
先日の赤坂ジャローナさんでの展示作品の画像を、
ホームページにアップしました。
よろしかったらご覧下さい。

http://kakomikan.sakura.ne.jp/saitoukakomi_zuo_pin_xiang/kojin-suisai_-6.html

関東地方、梅雨が明けて本当に暑いですね。
こんなブルーの画面だったら、すこーーし、涼めますでしょうか・・。

暮れていく部屋.jpg

「暮れて行く部屋」

posted by かこみかん at 19:09| 日記

2013年05月15日

ジャローナさんの展示から

作品を振り返って、その展示の状態から、
これはH.P.サイトでご紹介しにくいかも・・と
思った作品をこちらに。

hasiruhito1.jpg

大小様々なものを、
ハンドメイド額で壁面にレイアウトしています。

それぞれの紙片をアップするだけでは
何かイメージが違うし・・
と、思いながらまた画面上で再構成してみたら
少しは雰囲気が伝わるかもしれないような気もして。
走っている人が中心にいます。

hasiruhito2.jpg
posted by かこみかん at 00:56| 日記

2013年05月11日

「My Book, My Design vol.4」終了しました

このあいだの記事では、フリュウ・ギャラリーさんでの展示、
「イーハトーブ・クロニクル」の作品をアップしましたが、
今回は同じフリュウさんでの先日終了した
「My Book, My Design vol.4」で展示した作品を。

制作のために選んだ本は、アンデルセンの「人魚姫」です。
子ども時代に読んだアンデルセンのお話は、
ユーモアのある楽しい物語の他に
時に残酷だったり、落ち込むほど悲しく辛い運命に
主人公が翻弄されたりする物語も多く、
忘れられない童話集でした。
語られるお話がどれも、
地味な雑草の葉先に光る露の美しさを見つけて
讃えるような、印象的な語り口にあふれているのです。
たとえ子ども心にひどく理不尽に思えるあらすじでも、
それがかえって物語の風景を美しく際立たせるようで、
のめりこんで読んでいました。

51qf5EUA57L._SL500_AA300_.jpg

アンデルセン童話集:岩波書店
続きを読む
posted by かこみかん at 20:05| 日記

2013年05月06日

「イーハトーブ・クロニクル」 作品の続き、の続き

今回は、「イーハトーブ・クロニクル」の展示から
ご紹介していなかった作品二点を。

『星夜に踊る』

seiyani.jpg


『舟で行く』

hune-de.jpg


二点とも、どれかの物語の挿絵というわけではなく、
賢治さんが、こんなイメージを
どこか片隅に持っていてもおかしくないかも・・
という想像から制作したものです。

以前こちらに載せた作品を含め、
「イーハトーブ・クロニクル」の展示作品をすべて
さきほどホームページにアップしました。
展示の流れの都合上、そこでは省いた二つの作品も
画像を載せてみました。

9点の作品がこちらのブログよりも大きな画像で
ご覧いただけます。こちら↓
http://kakomikan.sakura.ne.jp/saitoukakomi_zuo_pin_xiang/kojin-suisai_-5.html

先日終了した、ジャローナさんの個展の作品も
近日ホームページにアップする予定です。
もうしばらくお待ち下さいね。
posted by かこみかん at 23:11| 日記

2013年05月02日

「イーハトーブ・クロニクル」 作品の続き

4/9の記事で、昨年のフリュウギャラリーさんで
展示した作品について触れましたが、
その続きがまだでした。

その片割れの作品がこちら。

dokomademo2.jpg

宮沢賢治の作品に、『月夜のでんしんばしら』
というお話があります。

”恭一”が月夜に線路の横を歩いていると、
”電信柱”が行進(!)し始めるのです。

続きはこちら
posted by かこみかん at 23:40| 日記

2013年05月01日

個展「木もれ日のように」終了しました

ジャローナさんまでお運びいただいた皆様、
ありがとうございました!

毎日会場に居たわけではなかったので、
お会い出来なかった方も
たくさんいらして残念です。

ただ今開催中、フリュウ・ギャラリーさんでの
「My Book, My Design vol.4」は
5/8(水)15:00までですので、
よろしかったら、こちらもぜひ。
5日(日)は15:30より在廊しております。

mahiru.jpg
posted by かこみかん at 00:05| 日記

2013年04月26日

My Book, My Design vol.4 始まります

以前お知らせしたフリュウ・ギャラリーさんでの
展示が今日から始まります。

「My Book, My Design vol.4」

会期:2013年4月26日(金) 〜5月8日(水) ※木曜休廊
12-19時(最終日15時終了)

会場:フリュウ・ギャラリー
〒113-0022
東京都文京区千駄木1-22-29 白石ビル1F
TEL&FAX:03-5685-6840
URL http://www.flewgallery.jp

今、個展会場のジャローナさんに展示中の作品が
DMに使われています。こちらがご案内の葉書↓

book-dm.jpg

ジャローナさんの個展が終わりましたら、
こちらの原画もフリュウさんに置いていただく予定です。

さてさて、今回のMy Book, My Design、
作品展示の他に、イメージの元になった1冊の本から
印象的な一節を抜き出して作った、
ミニミニブックも販売しています。

ningyo-book1.jpg

nimgyo-book2.jpg

期間中ギャラリー周辺では、恒例となった
「不忍ブックストリートweek」も開催中です。
 http://sbs.yanesen.org/

どうぞ、遊びにいらしてくださいね。






posted by かこみかん at 15:43| 日記

2013年04月23日

ジャローナさんの展示はこんな感じ

二週間って長いかも・・と思った展示期間も
始まると早いものです。

最終日は今週の土曜、27日も迫って来ました。
この日は午後5時まで開いております。

そういえば、その頃は
ゴールデンウイークの始まり、なのでしょうか。
ここのところ、寒かったりあたたかかったり、
日によって季節が変わってしまったような
お天気でしたね!
そろそろ、穏やかな陽気になりますように。

展示の様子をちょっとだけ。
右の方にちら、と見えるスキマの向こうが
カフェスペースです。

jarona-tennji.jpg

ギャラリーの照明、柔らかくて
とても良い感じなのですが、LEDを
使ってらっしゃるそう。
LEDというと、光の色が硬いような、
目に痛いような、印象があったのですが、
こちらで認識新たに。
(あ、別に回し者じゃないですけど;;)

ではでは、ご来場お待ちしております〜。
posted by かこみかん at 23:00| 日記

2013年04月09日

個展会場ジャローナさん/在廊日など

kenji-dencyu1.jpg

個展「木もれ日のように」の会場、
ジャローナさんは素敵なカフェでもありますが、
繊細に工夫された可動式の壁が、すっきりした
独自の展示スペースを作り出しています。
ギャラリーとカフェ、2つの空間を
お楽しみ下さい。
カフェも楽しまれる方には、
”甘酒”(甘酒オレ、も!)がおススメです。
米と麹だけで作られた、砂糖を使用していない
自然な甘みでおいしいですよ〜。


在郎日ですが、16(火)、18(木)、20(土)、
23(火)、25(木)、27(土)を予定しています。
時間は午後2時半〜6時ぐらい(もしくは閉店まで)。
お越しをお待ちしております。

アップするのが遅くなってしまいましたが、
今回冒頭の画像は、
昨年のフリュウギャラリーさんの
「イーハトーブ・クロニクル」に
参加した際の作品です。
後ほど他の作品も載せようと思っているのですが
とりあえず今回はこの1点を。

この作品は、2点一組の片割れですが、
もう片方の画像と制作の経緯は
また、次の記事に(たぶん;;)。



posted by かこみかん at 23:02| 日記

2013年04月05日

2つの展示お知らせ

去年も参加させていただいた、
千駄木のギャラリーフリュウさんの企画展示
「My Book, My Design vol.4」、
そして久しぶりに個展が近日ありますので
お知らせ致します。


●さいとうかこみ展
ー木もれ日のようにー

jarona.jpg

会期/4月15日(月)ー27日(土)
場所/ジャローナ
〒107-0052 東京都港区赤坂2-6-22
デュオ・スカーラ赤坂U B-102
営業時間/11:30〜19:00
*注:21日(日)はお休み、
最終日27日(土)は17時まで

ジャローナさんは、心地よい空気の流れる
カフェギャラリー。
H.P.でも店内画像が見られますが、
ゆったりとした空間で
作品を楽しんでいただけると思います。

ジャローナさんの詳しい情報はこちら。
http://www.jalona.jp/


そしてもうひとつの展示、
●My Book, My Design vol.4

book2.jpg

会期/4月26日(金) ー5月8日(水)
場所/フリュウギャラリー
〒113-0022 東京都文京区千駄木1-22-29 白石ビル1F
営業時間/12:00〜19:00
*注:5月2日(木)はお休み、
最終日8日(土)は15時まで

参加者20名が選んだそれぞれの「My Book」。
さまざまな絵画世界を繰り広げます。
ファンタジー、純文学、ミステリーなど
ジャンルは様々。
作家が趣向を凝らした、
本に関連するグッズも即売予定です。

フリュウさんの情報はこちらに。
http://www.flewgallery.jp/exhibition/20130426/index.html

去年は「星の王子さま」を選びましたが、
今年はどうなるでしょう・・
お楽しみに。

*毎日ではありませんが、なるべく
会場に居ようと思っています。
会期が近くなりましたら、
日時をこちらのブログでお知らせ致します。
どうぞ、遊びにいらして下さいね!

posted by かこみかん at 14:53| 日記

2013年02月27日

ボグダン絵葉書プロジェクト

bogudan-ni.jpg

ポーランドに住むボグダン・ザヴァツキは、
写真家/デザイナーである友人、芝田さんのパートナーでした。
突然の訃報を聞いたのはついこの間、2月12日。
彼は、自分の楽しみのため、また家族や友人に贈るために
よく絵を描いていたのですが、その絵がとてもおもしろいのです。
わたしが自作のポストカードを送ると、とても喜んでくれ、
部屋の壁に飾った写真を見せてくれたりしました。
そうして次には、彼の素敵な絵のポストカードを
送ってくれるのです。

今年も新年にカードが届いたのですが、自分は無精にも
年賀状を作るのが遅れていて、何か新しいカードを作って
早く送ろう、と思っていたところでした。
でも、送ることが出来ないまま亡くなったという知らせを
聞くことになってしまいました。続きを読む
posted by かこみかん at 15:05| 日記

2013年02月01日

かわいいお菓子−2 他の2作品

「日本の花嫁展」の<出会い>の作品は
前回ご紹介しましたが、今回は他の2作品を。

雨の日の<出会い>のあと、二人は・・

hanayome-4.jpg

急に降った雨はしばらくしてやんで、
彼は傘を預けたまま、笑顔で去っていってしまいます。

(絵にはできませんでしたが、その後
二人は無事に再会し、小さなケンカも時にはあったり、
仲直りしたりして・・)

雨で始まった出会いから、晴れて
二人は幸せな門出を迎えます。
皆に祝福されて、空にかかる虹を
渡っていくような心持ちでいることでしょう。

hanyome-5.jpg

ご来場いただいたみなさま、
ありがとうございました!
posted by かこみかん at 18:59| 日記

2013年01月30日

かわいいお菓子

今回は、「日本の花嫁展」展示の、
お菓子と作品を1点ご紹介。

テーマは花嫁、そして出品作は
男女ふたりの <出会い→恋愛→結婚>の
お題で描くということ、
またお菓子作家の Micarinaさん に
作っていただくのは、<結婚>の作品に
関連したもの、ということがありまして、
お菓子はこのような感じに。

hanayome-1.jpg

お菓子のためにMicarinaさんにお渡しした
イラストが↓こんな感じでした。

hanayome-2.jpg

実は、箱のお菓子の写真が上下逆でナンなのですが;;(汗)
(こんな細かいデザインにしてしまって大丈夫かしら・・)
という心配もものともしない、
細部まで美しく作り込まれたお菓子でした!!

実際に、食べるとおいしいお菓子なんですが・・
(とってもよい匂いです!)
もったいなくて、いまだ眺めております;;

そして、<出会い→恋愛→結婚>のうち、
初めの<出会い>のイラストがこちら。

deai.jpg

急な雨に傘を差し出してくれた
ステキな人・・って・・
うーーむ、漫画とか、ドラマでは
ありそうだけど、本当にあるのだろうか・・
などと、リアルなロマンの無い、
描いた本人は思ったりして;;

いやいや・・
そういうロマンチックな方も、
きっといらっしゃいますよね。
posted by かこみかん at 18:37| 日記