2017年07月07日

紫陽花展の作品はこの2点でした

先日終了した、カフェルッソさんでの展示作品を
こちらに。

「紫陽花」がテーマ、と聞いて
移り行く花の色を思い浮かべ、・・・

人の心に重ねられたらいいなぁ・・
と、かたちになった絵でした。

ajisai-fbko1.jpg
『こころもよう−1』続きはこちら
posted by かこみかん at 22:49| 日記

2017年05月02日

ZINEの中からー3

今回も、ZINEの中の作品から。


d-zine5.jpg


いったい、だれなんでしょうね? 彼女は。

ずっと前に、ふとイメージが浮かんで来て
色鉛筆で描いたスケッチを、
ほぼそのまま水彩で仕上げたものでした。

後にも先にも、同じ彼女のイメージは
浮かばないままですが。
どこから来たのか、何に結びつくのかわからないまま
そのままにしておくのも忍びない気がして・・
このZINEの中に入れてみたのでした。
posted by かこみかん at 18:08| 日記

2017年02月23日

もわもわ空気

harusaki-bl.jpg

今日は風が強くて雨も降るらしいよ・・

と、聞いて恐れていたものの、
風はほどほどの強さで
雨も大降りにならず。
(こちらは関東南部、みなさまのところは
いかがだったでしょうか・・)

雨の後、やや冷えて来ましたが
やはりもう、真冬の寒さではありませんでした。
眠気を催すのにちょうどよい、布団の中に居るのが
ことのほか楽しい、、、という温度になっているような。

風が強く吹いて
小枝や枯れ葉が吹き散らされたら、
その隙間に春の空気が入り込んで来るようです。
posted by かこみかん at 23:12| 日記

2017年02月12日

春はまだ?

bl-hatimitu.jpg

今日も北風が吹き荒れて、
青空なのに空気の冷たいこと。 つい先日は雪なども舞って・・

この時期、もう暖かい、春が近くなったのかな?
・・と思った日の翌日にはとてつもなく寒かったり、
日によって季節を行き来するようです。

気温が低いと、台所のものも冷えて、
お漬け物さえ温めたくなるほど。
だから、しばらく前のように暖かかった日は
食卓からも春を期待してしまいました。

ご飯をよそう時にお茶碗は冷たくないし、
トーストのバターも溶けやすい。
瓶の中で固くなっていたハチミツが、
もとの輝く黄金色に戻ってスプーンから
滴り落ち、その様子だけでうっとりしたりして。

いま散歩で見かける梅の木はほぼ満開を迎えていて
ハクモクレンの花芽は白さを増しつつあり、
寒そうな桜の枝も、
節々にはたくさんの蕾が育ちつつある様子。

春までもう少し、、ですね。
posted by かこみかん at 22:44| 日記

2017年01月09日

今年もよろしくお願い致します


17sinnenn-bl.jpg

遅くなりましたが、新年のご挨拶を申し上げます。

と、言うより寒中お見舞い申し上げます、、の方が
しっくり来る時期/寒さですね。

冬の夜空、空気が透明で星がたくさん明るく見えて、
震えながら、なんて素敵なんだ!と眺め、
翌朝、日の出の時間が遅いから
ちょっと早起きすれば
お日さまが出て来るところも拝めるという時期。
寒い季節ならではのご褒美でしょうか。

まわりで風邪/インフルエンザが流行っております・・
みなさま、どうぞお気をつけて。
今年も、よろしくお願い致します。
posted by かこみかん at 11:49| 日記

2016年12月24日

もこもこハウス

今日はクリスマスイブ、、、
といっても特になにもしていない我が家。
ケーキは昨日食べてしまい、
「2日続けて食べるのは、身体によくないでしょ」という
家人の一言のもとに今日はケーキも無く。

別にいいんだけど・・と、つぶやきつつ、
先日暖かい日がつづいたぶん、冷えて飾り気のない
(しかも片付いていない;;)部屋がちょっと寂しいような
気になって。
見た目に何か暖かいものが欲しくなり、
ずいぶん前に羊毛フェルトで遊んでみた試作品を
思い出したのでした。

続きはこちら
posted by かこみかん at 18:55| 日記

2016年10月12日

秋晴れですね

ひさびさのぴかぴかした秋晴れ。
(こちら北関東ですが〜)
みなさまのところはいかがでしたでしょうか。

願わくば、災害を呼ぶ台風が来ませんように・・。

ameagari-bl.jpg
posted by かこみかん at 22:26| 日記

2016年09月20日

残暑も過ぎて・・・

16natubl.jpg

7月の展示が終わったあと、いらして下さった皆様に
お礼かたがた暑中お見舞いを・・と、思って作った葉書。
なかなか書けず、長々かかって
最近やっとお出しすることが出来ました。

しかし、印刷した文面は夏のご挨拶、すっかり季節と
ずれてしまい、面目ないことです。
それにしてもこう長雨が続くと、あの暑い夏も懐かしい。

台風が次々と生まれて不安定なお天気、
晴れ晴れとした青空が待ち遠しいこの頃です。
posted by かこみかん at 12:37| 日記

2015年12月01日

「時計のパレード」展−8

今回の作品は、こちら。
始めから数えて9番目、最後です。

udedokei-bl.jpg

タイトルはこんなふう。

udedokei-blt.jpg

家にいることが多い、というのもありますが
腕時計、というのは普段必要なく、自分でするにはどうにも
今は苦手なのです。でもはるか昔の、初めて腕にはめた時の
うれしい気持ちって、今でも思い出せるなぁ・・。
posted by かこみかん at 11:17| 日記

2015年11月29日

「時計のパレード」展−7

今回の作品は、こちら。

mezamasi-bl.jpg

タイトルはこんなふう。

mezamasi-blt.jpg


今は早起き出来るようになりましたが;;
子どもの頃から少し前まで、朝早くというのが
ホントに苦手でした。
せっかく持ち主のセットした通りにベルを鳴らしたのに、
無視されたり、倒されたり、はては布団の向こうに
投げ飛ばされたり、わたしの目覚まし時計は
散々な目にあっていたはず・・。

お気に入りだったのに、すぐ動かなくなってしまった
時計があって。それは、起き抜けの乱暴狼藉への
無言の抵抗だったのかも。



posted by かこみかん at 19:02| 日記

2015年11月27日

「時計のパレード」展−5

今回の作品は、こちら。

tokeibara-bl.jpg

タイトルはこんなふう。

tokeibara-t-bl.jpg

目覚ましにオルゴールが流れる、ってある時期の
流行りだったんでしょうか。
♪わらべは見たり〜と始まるこの歌も、最近は
耳にすることが少ないです。
たまに何かで聞くことがあると、このオルゴールの
音色を思い出し、素っ気ない、でも耳障りだから
イヤでも起きてしまう、電子音の鳴る自分の目覚まし時計と、
思わず比べてしまいます。
posted by かこみかん at 22:42| 日記

2015年11月23日

「時計のパレード」展−4

今回の作品は、こちら。

jibuntokei-bl.jpg

タイトルは、こんなふうで。

jib-t-bl.jpg

作品には描いていませんが、文字盤には、
「ひみつのアッコちゃん」のイラストと「テクマクマヤコン、
テクマクマヤコン、、、、」の文字がありました。
野菜は八百屋さんで買って、魚は魚屋さんで買う、
時計だって、もちろん町には必ずある時計屋さんで買って、
不具合があったらそこで修理してもらう、、
というのが当たり前の時代でした。
ぴかぴかと光るガラスの盤面や規則正しく動く秒針、
左右に行き来する振り子の時計、
そんなものに取り囲まれつつ、
ドキドキしながら時計を選んだ・・ような記憶が
うっすら残っています。
posted by かこみかん at 15:48| 日記

2015年11月22日

時計のパレード」展の作品−3

今回は、こちらの作品を。

sunadokei-bl.jpg

タイトルは、こんなふう。

suna-tbl.jpg

前回の「パタパタ時計」は、数字のカードとカードの間に
”時”がひそんでいる・・イメージを持ったのですが、
砂時計は、「”時”が固まってそこにある」
・・ように見えていて。
時々、お茶を入れなくても砂時計をひっくり返します。
そんな時は、時間が流れている、のを確かめたい気分に
なっているのかも。
posted by かこみかん at 19:41| 日記

2015年11月21日

「時計のパレード」展の作品−2

今回の作品はこちら・・。

patapata-bl.jpg

タイトルですが、展示したのと同じスタイルで、テキストを
画像にしてアップしてみました。

pata-t-bl.jpg

パタパタ時計・・正式な名前ではなく呼び名でしょうか。
一昔前の”デジタル”時計。
今の”デジタル”と、雰囲気違いますが。
仕組みとしては、円筒の周りに数字のカードが付いていて、
その円筒が回っていくと、カードがめくれて数字が変わり、
それで時間を示す、というものでした。
パタ・・ッと音がして数字が変わるのが、
普段は気にならないけど
気にし出すと妙に気になって見つめてしまい、
数字のカードとカードの間にあった時間が
「去っていってしまった・・」と、
奇妙に寂しい時があったものでした。
同じデジタルでも、現在の、平面に数字が明滅するものは
もっとカラッとしている気がしますが、これはこれで
「味わい」のようなものを感じている方もいるのかも。
posted by かこみかん at 19:04| 日記

2015年11月17日

「時計のパレード」展の作品−1

前回、展示の作品をアップします、と、お伝えして
はや一ヶ月近く・・。
遅くなりましたが、展示のうちの一点を。

hasiratokei-bl.jpg

タイトルはこんなふう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”振り子が記憶を連れて来る、柱時計”

祖父母の家にあった柱時計。
大きな音でなかなか寝付けなかったけれど
あの音を思い出すと、一緒に祖父母のことや、
家の記憶も甦って来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

柱時計というと、姿は心惹かれたものの、あのカチコチ、
ボーン、ボーン、の音は、慣れ親しんでない子どもにとっては
迷惑そのものでした。祖父母の家に泊まった時は
夜中に目が冴えていまい、お手洗いに立った時の
冷たい足先の感覚や、薄暗い廊下の中で鈍く光る振り子など、
妙に覚えているのです。
その感覚をたどっていくと、廊下の向こうの台所の
お鍋がたくさん載っていた棚や、祖母がよく作っていたおかず、
(子どもにはあまりおいしいとは思えなかった、)
いつも部屋の角に重ねてあった座布団、なぜそこにあるのか
不思議な廊下の間の仕切戸とか、なんということは無いけれど
確かにそこにあった時間やモノたちの記憶が、さわれるように
思い浮かんで来てそれはまた、祖父母とこんな会話をしたな、
こんな仕草をよくしていた・・などと、
仔細な思い出に繋がっていくのでした。

「時計」というと、まずは時間が読みやすく、
目覚ましなど機能がちゃんとしていればOK、
後は気にしない、という姿勢のつもりでいたのに、
記憶をたどると以外と時計自体に自分の思い出が
くっついているのだなぁ・・と、
作品を描いていて思いました。

展示ではそんな時計の作品が9点。
あと7点も順にアップしていきますね。
posted by かこみかん at 23:23| 日記

2015年10月22日

「時計のパレード」展 終了しました

フリュウ・ギャラリーさんでの「時計のパレード」展、
昨日終了しました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

展示した9点の中からこちらの一点を。

bltokei5.jpg

こんなタイトルをつけました。

”『時間は伸びたり、縮んだり』
一日が24時間あるというのが不思議です。
朝の一時間と、夜の一時間が同じ容量、
というのも時々、疑いたくなるのです。”

子どもの時は、夜自分が寝ている時間というのは
存在しないような気がしていました.(いえ、今も、、?)
眠ったら、次に目を開くと明るい朝、というのが不思議で。 
眠る瞬間を自分で確かめてみたい;;などと
ヘンなことを思ったものです。

自分では会場の様子を撮影し忘れてしまったのですが;;
フリュウさんのサイトで展示の様子がわかる
スタッフさんのブログがあり、こちらで画像を見られます。

また後ほど、他の作品もアップして行きたいと思っています。
少々、お待ち下さいね。
posted by かこみかん at 11:52| 日記

2015年09月28日

秋ですね

昨日27日は中秋の名月でしたが、
今日はとっても大きな満月が見られる日なのだとか!

昨日は曇り空だったこともあり、うっかり
お月見し損ねましたが
今日はぜひともお月さまのお顔を
眺めなければ・・

今のところ、からっと晴れて良い調子。
夜が、楽しみです。

しばらく前にお知らせした本のお仕事の
「使いこなしてみたい和の言葉」から

この季節らしい挿絵を。

aki1.jpg

キバナコスモスも盛りでよく見かけますが、
家の近所の草原は、こんな感じの秋の色です。

aki2.jpg

今夜は、すっきり晴れた夜空でしょうか。
でも、うっすら雲がかかってそこから見え隠れする
お月さまというのも素敵なんですよね。

暑過ぎず、寒過ぎず、大雨も過ぎて・・
今日のような一日は、一年の中で意外に少ないかも。
大切に、味わいたいと思います。
posted by かこみかん at 11:35| 日記

2015年05月16日

星を抱えて

絵を描いていると、
「あれ、この人はどこからやって来たのかしら・・」
と不思議に自分でも忘れがたい、”誰か”が
ふと紙の上に現れたりします。

この人は、なにやら星のようなものを抱えているのですが
どこに向かっているのかなぁ・・。

hosimori.jpg
posted by かこみかん at 19:18| 日記

2015年02月19日

余寒お見舞い申し上げます

15-yokan.jpg

時おり雪がちらほら舞う日があったり
もう春かも〜?と思う日があったり。
この時期のお天気は、油断がなりません。

いつまでも寒い寒いと言いながら、
ツヤツヤしたネコヤナギの芽や
静かに咲いている梅に気付いて、
やっぱり春が近づいてる・・と感じる日々。

桜の枝も、いつのまにか
蕾のあるらしき場所の輪郭がふくらんできました。

強い風にひるがえる木の枝や草葉を見ていると、
今はまだ姿を見せていない
花々の様子を思い描いてしまいます。

みなさま、ご自愛くださいませ。
posted by かこみかん at 17:14| 日記

2015年01月07日

寒中お見舞い申し上げます

新年もはや1週間が過ぎようとしています。

年始の後のごあいさつには”寒中お見舞い”。

15kancyuu.jpg

ほんとに、『寒中』ですね。
暖かい季節が思わず恋しくなって
花がたくさん咲きそろう情景など夢見てしまいました。

ひょんなことから、体調を崩しそうなこの季節。
みなさま、ご自愛下さいませ。
posted by かこみかん at 19:33| 日記