2019年09月21日

お彼岸の時期ですね

浄土宗出版さんの月刊紙
『浄土宗新聞』の表紙イラストを担当しました。

sinbun-2.jpg

お彼岸の時期ということで、
ご先祖様やお釈迦さまを思い浮かべつつ
合掌するひと・・
というイメージのご依頼のもと、
制作しました。

sinbun-1.jpg

*浄土宗新聞については、こちら
詳しくご覧になれます。
posted by かこみかん at 15:16| お仕事

2019年09月19日

『音楽鑑賞指導入門』装画を担当しました

 装画を担当しました。

ongaku-1.jpg

『音楽鑑賞指導入門』
新時代への音楽鑑賞指導のあり方と指導法 特別活動・総合的な学習への展開もふまえて
著者:山ア 正彦
(株式会社スタイルノート)

装丁はMaplu Designの高橋奈々さんです。

詳細はこちら 

続きを読む
posted by かこみかん at 20:06| お仕事

2019年09月18日

「浄土宝暦」装画担当しました

houreki.jpg

浄土宗出版さんの「浄土宝暦(令和2年版)」の
装画・本文挿し絵を担当しました。
主に寺院・僧侶の方向けに出されている冊子です。
表紙の絵は、開祖の法然上人が誕生した時に、
”空から二流の白い幡が舞い降りて
屋敷内の椋の木の梢にかかり、
7日の後、飛び去った”
という挿話に基づいています。

*「浄土宝暦」についてはこちら
posted by かこみかん at 22:23| お仕事

2019年05月28日

「かるな」夏号/コラムページ挿絵

karuna-19natu-fb.jpg

浄土宗出版さんの季刊誌「かるな」夏号で
連載コラムのページで挿絵を担当しました。

イラストを描いていた当初、
発刊される頃は夏にはまだ遠いだろうなぁ・・
などと思っていたのに、
すでに真夏日が記録されてしまいましたね。

今日あたりから、
少し気温も落ち着いて来たようですが;;

まだまだ暑さに慣れていない頃、
みなさま、どうぞご自愛くださいませ。
posted by かこみかん at 19:06| お仕事

2019年05月16日

和菓子イラスト担当しました

「東京和菓子協会」さんのパンフレットの、
和菓子のイラストを担当しました。
(AD:高井 洋介氏[クォーターバック])
いくつかあるのですが、その中から少し、
紹介させていただきます。

wagasi-2.jpg続きを読む
posted by かこみかん at 11:55| お仕事

2019年04月23日

童話「ライオンになった少年ゾンプ」挿絵

既に発刊されていますが、
童話書籍の挿絵を担当させていただきました。

zonp-1.jpg

『ライオンになった少年ゾンプ』
著者:鹿田義弘  (文芸社)

”舞台はアフリカの辺境にある架空の村ザンダカ。自然の恵みを大切にしながら穏やかに暮らしていた兄ゾンプと妹ゾンパの生活に、干ばつによる飢餓が迫る。村を、家族を救うために、ある夜、ゾンプが「どうか私に強い力を下さい。村人を救う強い力が欲しいのです」と、恐ろしい黒い神様に願うと……。”

*詳細はこちら

本文から少し、挿絵を紹介致します。

zonp-2.jpg

zonp-3.jpg

zonp-4.jpg

悲しいけれど、心に残る物語です。




posted by かこみかん at 22:24| お仕事

2019年04月22日

『Zine Week』終了しました/最近のお仕事から

ギャラリー・ダズルさんでの『Zine Week』、終了しました。
Zineは、制作するのも楽しいですが
他の参加者の方の作品を拝見するのも
とっても楽しい!
今回も、たくさん買い込んでしまいました。

会場にお越しいただいたみなさま、
気にかけて下さったみなさま、
ありがとうございました。

・・と、話かわり最近のお仕事からこちらを。
時期が遅れましたが
冊子のコラムイラストでお世話になっている、
浄土宗さんの新聞(月刊)で
イラストを描かせていただきました。

お釈迦様の誕生をお祝いする、
花祭りについての記事の挿絵です。

hana.jpg

*『Zine Week』に出した作品については、
また後ほど紹介したいと思います。
しばらくお待ち下さいませ〜。


posted by かこみかん at 16:54| お仕事

2019年02月08日

「かるな」春号、コラム挿絵

春が近いと天気も不安定になりますが、
ここのところ、本当に落差が激しいですね。
こちら、北関東では明日雪になるとか・・

梅はちらほら見かけて、
冬も終わり頃だなぁ・・とは思うのですが
こういう時に寒さの底が来るのですよね。

春の、ぽかぽかするお日さまを
思い浮かべて・・

「かるな」春号のコラム挿絵は
こんな感じになりました。

みなさま、どうぞご自愛下さいませ。

karuna19haru.jpg
posted by かこみかん at 22:27| お仕事

2019年01月24日

絵本「せんじょうの歌うたい」挿絵担当しました

utai-h.jpg

お知らせが遅くなりました、1/15日発刊の絵本の挿絵を担当しました。
小さな、やさしい王子さまのお話です。

下村祐樹(しもむらゆうき)/作
(文芸社)

*詳しくはこちらのサイトからどうぞ。

少しだけ、本文から挿絵をご紹介。続きを読む
posted by かこみかん at 19:03| お仕事

2018年11月15日

「かるな」冬号挿絵、そしてZINE展お礼

11月も半ば、ですが暖かいですね。
うれしいけど、なんとなく、納得いかないような。
冬はやっぱり寒くないと!・・と思っているわけですが。
・・思ってたのですが、この頃、暖かくてほっとしています。
年を取っていってるせいでしょうか。

・・と、いうわけで
「かるな」冬号、みうらじゅんさんコラムの挿絵です。

karuna18huyu.jpg

寒い季節は、衣服の手触りや口にする食べもの飲み物、
夜にともる灯りやストーブの炎、身体をあたためてくれる
いろんなものに敏感になりますね。
関東地方、今年は雪は降らずに済むかなぁ・・。
暖かい、とはいえ朝晩冷えて来ました。
みなさま、お大事に。

お話変わって・・
続きを読む
posted by かこみかん at 11:50| お仕事

2018年10月29日

『こはくくんの にゅうがくしき』

発刊からだいぶ遅くなってしまいましたが、
挿絵でお仕事させていただいた絵本の
お知らせです。

kohaku-0.jpg

『こはくくんの にゅうがくしき』
作:いざわみつぎ
(文芸社)
*8/21発刊

詳しくはこちらをどうぞ。

主人公は、もうすぐ小学校1年生のこはくくん。
わくわくしているけれど、不安もいっぱい。
小学校長の経験もある著者が、あたたかい語り口で
入学式を迎える男の子の1日を描いています。

↓本文から、少しご紹介・・

kohaku-1.jpg

kohaku-2.jpg

描いていて、初めてランドセルを背負った時のことなど
思い出しました。
とっても重かった!・・という記憶が。
今は、色もたくさんあってカラフルで、素材も進化して
軽く背負いやすそう。
今、自分が子どもだったら何色を選ぶかなぁ・・なんて、
ミントグリーンのランドセルを眩しく眺めちゃいます。
posted by かこみかん at 23:18| お仕事

2018年10月18日

「かるな」2018秋号コラム挿絵

karuna-18-aki.jpg

かるな(浄土宗さんの季刊誌)秋号にて、コラムの挿絵です。
絵を描いていたときはものすごく暑くて、
夏がおわったハズでは??・・という時期になっても
まだずっと暑かった・・、、という記憶が。

しかし今はまさに秋、ですねーー。
でも、身体がこの季節の変動に追いついていけない、
という感じ。

この絵を見ると、暑かったのが懐かしいような、
変な感覚に陥ります。

気温の変動の激しいこの頃、
とにかく、みなさま、お元気で。
posted by かこみかん at 17:52| お仕事

2018年07月08日

『看護実践にいかす エンド・オブ・ライフケア 改訂版』発刊のお知らせ

以前、日本看護協会出版会さんから出されていた
『看護実践にいかす エンド・オブ・ライフケア』の
改訂版/第2版が6月に発刊され、
第1版に引き続きこちらの方でも装画を担当しました。

endof2-1.jpg続きはこちら
posted by かこみかん at 16:18| お仕事

2018年05月28日

「かるな」2018夏号 コラム挿絵

季刊「かるな」夏号(発行:浄土宗)の
コラム欄の挿絵です。

今年は、早いうちから気温の高い日が多いですね。
今から夏の暑さが心配ですが〜〜

穏やかな気候でありますように。

karuna18sum-bl.jpg
posted by かこみかん at 22:04| お仕事

2018年02月10日

次の満月まで

karuna-huyu17.jpg

先日投稿した画像は「かるな」春号のお仕事のものでしたが、
こちらはそのひとつ前の冬の号のコラムイラストです。

全体がブルーで寒そうなので投稿を控えておりましたが、
今日あたりはやや暖かくなったのでアップしてみました。
(寒さが続くと、2、3℃の差でも暖かく感じますね)

月の形が現在とちょっと近いでしょうか。
今は新月に向かって欠けていっていますね。
次の満月は3月2日とか・・
その頃は、もっとあたたかくなっていますように。
posted by かこみかん at 19:34| お仕事

2018年02月08日

春はまだ?

毎日のあいさつが、「今日は寒いねーー」で始まり
なかなか「暖かくなったねーー」と言えるお天気にならず;;

こちら関東、わたしの住むあたりは
寒いとはいえ数日残っていた雪もあらかた消え、
出歩くのに不便もありませんが
雪国の方々の大変な様子をニュースなどで見るにつけ
早く春よ来〜〜い!!と願わずにはいられません。

天にお祈りする気持ちで。

karuna18-harufb.jpg

*「かるな】春号コラムの挿絵のお仕事から




posted by かこみかん at 23:41| お仕事

2017年11月08日

「子どものこころの生きた理解に向けて」装画

kodomono-.jpg


「子どものこころの生きた理解に向けて
発達障害・被虐待児との心理療法の3つのレベル

A・アルヴァレズ著/脇谷順子訳
(株式会社金剛出版)
装幀:臼井新太郎

精神分析に関わる専門書です。

〜本書でアルヴァレズは、3つのレベル(探索的レベル・記述的レベル・強化的に活気づけるレベル)の精神分析的な治療とコミュニケーションについて明らかにし、構造化された図式を提示しながら解説していく。本書の目的は、子どもとの治療について、セラピストが治療における適切な解釈を見つけられるようにすることである。医者・心理士・精神分析家・ソーシャルワーカー・教師・子どもの養育者の方に有用だろう。〜

(金剛出版さんのサイトから引用)

*詳しい目次も掲載された紹介ページはこちら
続きはこちら
posted by かこみかん at 23:15| お仕事

2017年10月05日

レクリエ2017特別号で

ただいま発売中の『レクリエ2017特別号』巻頭の
「機能向上トレーニング」ページで、挿絵を担当しています。

『レクリエ2017特別号』(世界文化社)
*詳しくはこちらのサイトから

*誌面をちょっとご紹介。

req-17toku2.jpg

req17-toku1.jpg


介護される方が、“楽しく、無理なく”、続けられる
トレーニング方法やプログラムの立て方などが、
わかりやすく特集されています。
見かけたら、どうぞお手に取ってみて下さいませ。
posted by かこみかん at 16:27| お仕事

2017年08月29日

『宮沢賢治 出会いの宇宙』装画

kenji-ucyuu1.jpg

数年前にギャラリー・フリュウさんでの
企画展「イーハトーブ・クロニクル」で展示した作品が
書籍カバーになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『宮沢賢治 出会いの宇宙
―賢治が出会い、心を通わせた16人』
著者:佐藤竜一
株式会社コールサック社
装幀:奥川はるみ

↓帯が入った表紙はこんな感じです
kenji-ucyuu2.jpg

◆本文「はじめに」より◆

多くの人びととの出会いを糧に、賢治は自らの世界観を築き上げていったにちがいありません。そのことが死後実を結び、世界的な規模で読まれるいしずえとなったのではないか。そう感じている私は、本書で賢治が影響を受けたと思われる16人を登場させました。本書を読み、「宮沢賢治」がどのようにして形成されたのか。感じ取っていただけたなら、とてもうれしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株式会社コールサック社さんのサイトからは、
目次を始め、一部立ち読みする事も出来ます。
こちら

どうぞご覧下さいませ。

posted by かこみかん at 16:13| お仕事

2017年08月28日

『へるぱる 2017秋号』挿絵担当しました

ただいま発売中の季刊誌『へるぱる 2017秋号』、
研修特集ページ「認知症ケアにおける家族への支援」で
挿絵を担当しました。(p16〜22)
内容の紹介記事が、一部公式ページでもご覧になれます。
こちら

介護の仕事をされている方はもちろん、
介護を必要とされるご家族のいる方にも役立ちそう。
書店で見かけたら、
どうぞお手に取ってご覧になってくださいませ。

hel-17aki1.jpg

hel-17aki2.jpg
posted by かこみかん at 15:24| お仕事