2022年03月16日

宗教と精神医学のあいだ

以前ご紹介した、8月のブックアート展で出した
作品の一部が
書籍の装画として使用されています。


「宗教と精神医学のあいだ」(日本評論社)
発刊:2022年3月
大宮司 信 著


装丁は臼井新太郎さん。


syu-2.jpg


syu-3.jpg


syu-1.jpg


syu-5.jpg


↑表4のイラストが、扉に敷かれています


内容紹介


大学生とオウム真理教、一世を風靡したロボトミーの盛衰など、時代により揺れ動く宗教・思想と精神医学の関連を切り取った論集。

詳細は日本評論社のこちらのサイトより
ごらんになれます。





posted by かこみかん at 12:28| お仕事

2021年11月15日

浄土宝暦 令和4年版 表紙を担当しました

浄土宗さんの信徒の方向けの冊子、「浄土宝暦 令和4年版」の表紙イラストを担当しました。
表紙絵で法然上人の生涯を辿る、という企画になっていまして、一昨年、昨年と引き続き、令和4年版で3回目になります。
今回は、法然上人が仏門に入る、剃髪/受戒の場面になっています。絵巻物など資料を参考に、イメージを膨らませました。


houreki-4.jpg

posted by かこみかん at 23:02| お仕事

2021年08月07日

「座敷童の夏」挿絵(お仕事報告)

JAグループの子ども雑誌、「ちゃぐりん」7月号(家の光協会発行)のショートストーリー、
「座敷童の夏」(作/那須正幹)で挿絵を担当しました。

田舎のおばあちゃんの家で夏休みを過ごす、姉弟ふたりのお話です。背景になる豊かな自然と、江戸時代から続くというおばあちゃんの家の雰囲気が伝わるよう、制作しました。

zasiki-1.jpg


zasiki-3.jpg

座敷童、、、会ってみたいような、怖いような・・。
posted by かこみかん at 22:38| お仕事

「レクリエ」7・8月号特集ページ(お仕事報告)

介護の現場で役立つ情報誌、「レクリエ」7・8月号(世界文化社)で、特集ページ
「利用者と介護者の命を守るための水害対策」でイラストを担当しました。
人物が複数で構成される状況説明のイラストも多いため、イラストのラインを整理したタッチを目指してみました。

req-1.jpg


req-2.jpg

req-3.jpg


ここ何日かでまた台風のニュースが出ています。
どうか、災害が起こりませんように、と祈っています。
続きを読む
posted by かこみかん at 22:10| お仕事

「季節を映す和菓子」「和菓子の歴史」(お仕事報告)

以前にもご依頼いただいた、「東京和菓子協会」さんのパンフレット、和菓子のイラストを担当しました。

(AD:高井 洋介氏[クォーターバック])



今回は、「季節を映す和菓子」「和菓子の歴史」の2点です。

本文から少し、紹介させていただきます。

wagasi-2021-1.jpg

wa-2021-3.jpg


wa-2021-4.jpg

wa-2021-5.jpg


お菓子を描くお仕事はいつも楽しいのですが、しまった、、と思うのは、イラスト資料を探したり、眺めたりしていると、描くのを忘れて資料に見入ってしまい、「おいしそうだなぁ・・」と、ついつい食べるシーンを妄想してしまうこと。うっかり長い時間がたっております;;
posted by かこみかん at 20:10| お仕事

みんなの安全(お仕事報告)

少し前のものですが、最近のお仕事からいくつかご紹介していきます。

小学校の学年別安全教育用副読本、
「みんなの安全(3年、4年)」
(学研教育みらい発行)
で本文イラストを担当しました。

自分はもちろん、まわりの人たちの「命」を守るためにどんなことが必要か、イラストや図を多用して、わかりやすく学べる内容になっています。

”スマホやインターネットで気をつけること”という項目があるのが、自分の子供の頃と違うなぁ、などと、今の子供の大変さを思いました。

anzen-1.jpg

anzen-2.jpg

posted by かこみかん at 19:55| お仕事

2021年04月30日

「子どもの精神分析的セラピストになること」装画担当しました

「子どもの精神分析的セラピストになること」
(金剛出版)

木部 則雄 監修
平井 正三 監修
吉沢 伸一 編著
松本 拓真 編著
小笠原 貴史 編著

装幀は臼井新太郎さんです。

kodomo-1.jpg

kodomo-2.jpg

この本の序章に、
”・・子どもの臨床に関わるセラピストがいかにして精神分析的セラピストになっていくのか、その実践と訓練をめぐる情動経験についてのパーソナルな語らいや対話が収められています”と、あります。

続きを読む
posted by かこみかん at 17:13| お仕事

2020年12月24日

新・中学生の道徳「明日への扉2」挿絵

来年度の中学2年生の道徳の教科書で、
本文挿絵を担当しました。

新・中学生の道徳「明日への扉2」
(学研教育みらい 発行)
『足袋の季節』(文:中江良夫)

短いお話なのですが、読後、主人公の心情を思い、
忘れられなくなる作品でした。続きを読む
posted by かこみかん at 00:09| お仕事

2020年08月25日

浄土宝暦(令和3年版)表紙を担当しました

houreki-2021.jpg

浄土宗さんが発行する、檀信徒様向けに
寺院などで扱われる冊子、「浄土宝暦(令和3年版)」の
表紙を担当しました。
前年度の表紙では、法然上人誕生の場面でしたが、
今回は、比叡山に修行に旅立つ前の、
母君との別れの場面をイメージして制作しました。

(別刷りで刷り込みが入るため、右端下部分が空いています)
たくさんの方に届きますように。
posted by かこみかん at 17:03| お仕事

2020年06月30日

浄土宗さんのサイトにイラスト掲載

以前から、小冊子「かるな」のお仕事で
ご縁のあった浄土宗さん。
ただいま、
公式ウエブサイトの方でイラストが使われております。

quotes.jpg

仏様の言葉に加え、このほど
僧侶の方・浄土宗にゆかりにある方の
滋味あふれるエッセイのコーナーが設けられました。

このコロナ禍の時、不安な気持ちに寄り添うような内容です。
よろしければどうぞお立ち寄りください。

こちら
posted by かこみかん at 16:38| お仕事

2020年06月24日

「小学生の音楽」教科書の挿し絵を担当しました

音楽の教科書、「小学生の音楽」(令和2年、教育芸術社発行)
3年生、5年生、6年生の3冊で挿し絵を担当しました

rei-2-3nen-ongaku-1-n.jpg

rei-2-ongaku-3nen-2n.jpg

↑2点、3年生の教科書です
続きを読む
posted by かこみかん at 15:00| お仕事

2019年09月21日

お彼岸の時期ですね

浄土宗出版さんの月刊紙
『浄土宗新聞』の表紙イラストを担当しました。

sinbun-2.jpg

お彼岸の時期ということで、
ご先祖様やお釈迦さまを思い浮かべつつ
合掌するひと・・
というイメージのご依頼のもと、
制作しました。

sinbun-1.jpg

*浄土宗新聞については、こちら
詳しくご覧になれます。
posted by かこみかん at 15:16| お仕事

2019年09月19日

『音楽鑑賞指導入門』装画を担当しました

 装画を担当しました。

ongaku-1.jpg

『音楽鑑賞指導入門』
新時代への音楽鑑賞指導のあり方と指導法 特別活動・総合的な学習への展開もふまえて
著者:山ア 正彦
(株式会社スタイルノート)

装丁はMaplu Designの高橋奈々さんです。

詳細はこちら 

続きを読む
posted by かこみかん at 20:06| お仕事

2019年09月18日

「浄土宝暦」装画担当しました

houreki.jpg

浄土宗出版さんの「浄土宝暦(令和2年版)」の
装画・本文挿し絵を担当しました。
主に寺院・僧侶の方向けに出されている冊子です。
表紙の絵は、開祖の法然上人が誕生した時に、
”空から二流の白い幡が舞い降りて
屋敷内の椋の木の梢にかかり、
7日の後、飛び去った”
という挿話に基づいています。

*「浄土宝暦」についてはこちら
posted by かこみかん at 22:23| お仕事

2019年05月28日

「かるな」夏号/コラムページ挿絵

karuna-19natu-fb.jpg

浄土宗出版さんの季刊誌「かるな」夏号で
連載コラムのページで挿絵を担当しました。

イラストを描いていた当初、
発刊される頃は夏にはまだ遠いだろうなぁ・・
などと思っていたのに、
すでに真夏日が記録されてしまいましたね。

今日あたりから、
少し気温も落ち着いて来たようですが;;

まだまだ暑さに慣れていない頃、
みなさま、どうぞご自愛くださいませ。
posted by かこみかん at 19:06| お仕事

2019年05月16日

和菓子イラスト担当しました

「東京和菓子協会」さんのパンフレットの、
和菓子のイラストを担当しました。
(AD:高井 洋介氏[クォーターバック])
いくつかあるのですが、その中から少し、
紹介させていただきます。

wagasi-2.jpg続きを読む
posted by かこみかん at 11:55| お仕事

2019年04月23日

童話「ライオンになった少年ゾンプ」挿絵

既に発刊されていますが、
童話書籍の挿絵を担当させていただきました。

zonp-1.jpg

『ライオンになった少年ゾンプ』
著者:鹿田義弘  (文芸社)

”舞台はアフリカの辺境にある架空の村ザンダカ。自然の恵みを大切にしながら穏やかに暮らしていた兄ゾンプと妹ゾンパの生活に、干ばつによる飢餓が迫る。村を、家族を救うために、ある夜、ゾンプが「どうか私に強い力を下さい。村人を救う強い力が欲しいのです」と、恐ろしい黒い神様に願うと……。”

*詳細はこちら

本文から少し、挿絵を紹介致します。

zonp-2.jpg

zonp-3.jpg

zonp-4.jpg

悲しいけれど、心に残る物語です。




posted by かこみかん at 22:24| お仕事

2019年04月22日

『Zine Week』終了しました/最近のお仕事から

ギャラリー・ダズルさんでの『Zine Week』、終了しました。
Zineは、制作するのも楽しいですが
他の参加者の方の作品を拝見するのも
とっても楽しい!
今回も、たくさん買い込んでしまいました。

会場にお越しいただいたみなさま、
気にかけて下さったみなさま、
ありがとうございました。

・・と、話かわり最近のお仕事からこちらを。
時期が遅れましたが
冊子のコラムイラストでお世話になっている、
浄土宗さんの新聞(月刊)で
イラストを描かせていただきました。

お釈迦様の誕生をお祝いする、
花祭りについての記事の挿絵です。

hana.jpg

*『Zine Week』に出した作品については、
また後ほど紹介したいと思います。
しばらくお待ち下さいませ〜。


posted by かこみかん at 16:54| お仕事

2019年02月08日

「かるな」春号、コラム挿絵

春が近いと天気も不安定になりますが、
ここのところ、本当に落差が激しいですね。
こちら、北関東では明日雪になるとか・・

梅はちらほら見かけて、
冬も終わり頃だなぁ・・とは思うのですが
こういう時に寒さの底が来るのですよね。

春の、ぽかぽかするお日さまを
思い浮かべて・・

「かるな」春号のコラム挿絵は
こんな感じになりました。

みなさま、どうぞご自愛下さいませ。

karuna19haru.jpg
posted by かこみかん at 22:27| お仕事

2019年01月24日

絵本「せんじょうの歌うたい」挿絵担当しました

utai-h.jpg

お知らせが遅くなりました、1/15日発刊の絵本の挿絵を担当しました。
小さな、やさしい王子さまのお話です。

下村祐樹(しもむらゆうき)/作
(文芸社)

*詳しくはこちらのサイトからどうぞ。

少しだけ、本文から挿絵をご紹介。続きを読む
posted by かこみかん at 19:03| お仕事