2018年07月08日

『看護実践にいかす エンド・オブ・ライフケア 改訂版』発刊のお知らせ

以前、日本看護協会出版会さんから出されていた
『看護実践にいかす エンド・オブ・ライフケア』の
改訂版/第2版が6月に発刊され、
第1版に引き続きこちらの方でも装画を担当しました。

endof2-1.jpg

〜「その人の生きる」をささえる〜
  
◎看護実践の視点からまとめた「エンド・オブ・ライフケア」の好評書、待望の改訂版。実践の基礎となる「理論」を充実、「実践事例」も見直しを行いました。

◎がんや、呼吸器疾患・心不全・腎不全・認知症等の慢性疾患など、「病いとともに生きる人・子ども」の病状経過を軸に、そして「老いとともに生きる高齢者」の看取りを軸に、その人の意思表明とその実現にむけて、エンド・オブ・ライフケアを展開しましょう。


ーーー(日本看護協会出版会/書籍紹介ページより)

装幀も、前回と同じく臼井 新太郎さんです。

endof2-2.jpg

↑こちらが元のイラストデータ、ちょっと淡めですが
実際の出来上がりでは明快なデザインに合わせて、
イラストの方も彩度が上がっています。

必要とされる、たくさんの方に
本書を手に取っていただけますように。
posted by かこみかん at 16:18| お仕事