2016年07月26日

「ポエトリー展」終了しました

始まってしまうとあっという間、
19日から始まった展示が昨日24日で終了しました。

ひとつの詩からイメージを膨らませて絵を描いて、
その絵から生まれた詩に対してまた絵を描いて・・、と
詩と絵を往復してそれぞれ、6人の参加者それぞれに
5つの作品が生まれたのですが、それ以外に
バトンを渡すように詩が6人のイラストレーターに
順にリレーされて、結果6点の絵でひとつの世界が
出来上がる・・という試みのコーナーもありました。

今回は、その作品をアップします。
前回、部分を拡大してお見せしたものです。

poe-2.jpg
この作品のイメージのもと・・
平岡さんからいただいた詩が次のもの。

・・・・・・・・・・・・・・
   約束

改札の手前で
あなたに引き寄せられる

わたしの頬の
やわらかさ伝わるように

ふんわり触れ
くちづけはまたこんどね

わたしだけが
堅い約束をするような夜

・・・・・・・・・・・・・・

わたしは、4番目にバトンを渡されたので、
その前に3つの詩と絵、
わたしの後には2つの詩と絵が続くことになるのです。

↓これは、6人の作品と、それぞれの渡された詩を
組み合わせて作ったポストカードセット。
ジャバラ式で、1枚ずつ切り取れるようになっています。


poe-1.jpg


カードの裏に詩が掲載されているので、表と裏、
詩と絵がバトンされていく過程で
どのように変化していったか、それぞれ作者の
イメージの切り取り方を比べるのも楽しいと思います。

次回の記事からは、他の5点の作品を
順々に紹介して行きますね。
posted by かこみかん at 00:04| お知らせ