2021年04月30日

「子どもの精神分析的セラピストになること」装画担当しました

「子どもの精神分析的セラピストになること」
(金剛出版)

木部 則雄 監修
平井 正三 監修
吉沢 伸一 編著
松本 拓真 編著
小笠原 貴史 編著

装幀は臼井新太郎さんです。

kodomo-1.jpg

kodomo-2.jpg

この本の序章に、
”・・子どもの臨床に関わるセラピストがいかにして精神分析的セラピストになっていくのか、その実践と訓練をめぐる情動経験についてのパーソナルな語らいや対話が収められています”と、あります。

続きを読む
posted by かこみかん at 17:13| お仕事